海洋環境モデリング統合学分野|東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻

EN
東京大学
教員・研究室紹介

研究室

海洋環境モデリング統合学分野

研究室Webサイト
http://lemons.k.u-tokyo.ac.jp/

物理・化学・生態・生理・社会科学的モデルを駆使して現象を解析、 統合して環境影響や開発の有効性を評価しています。

本研究室では人工物と自然環境の共存を使命とした調和システムのコンセプト作りを目標に研究を行います。そのために環境現象の物理・化学・生態学的モデリングおよびそれらの統合化による環境影響予測システムや、環境リスクマネジメントの手法による社会的合意形成システムの構築を行い、真の環境調和システムの在り方を具体例をもって考えていきます。

研究対象はCO2 海洋・海域地中貯留の環境影響評価、メタンハイドレート堆積層中流動現象の研究、ガスハイドレートの生成・分解モデリング、ハイドレートを用いたCO2 海域地中貯留、バイオ燃料生産のためのフォトバイオリアクターの開発、マルチスケール海洋モデルの開発、海洋乱流や成層回転流体の実験的数値的研究、光合成のフラッシングライト効果や海洋生物への CO2 影響モデルの開発等があります。

研究室紹介動画
漂流大型プラごみの洋上集積帯

漂流大型プラごみの洋上集積帯

砂層孔隙内でのCO2ハイドレート生成シミュレーション

砂層孔隙内でのCO2ハイドレート生成シミュレーション

オンライン入試説明会
アクセス
在学生限定(準備中)