プロジェクト|東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻

  • ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻
  • 受験生の方へ

プロジェクト

帆主機従ハイブリッド船「ウィンドチャレンジャー」の研究開発

大内一之特任研究員(代表)、早稲田卓爾教授
図1 展帆航海中
図1 展帆航海中


図2 縮帆荷役中
図2 縮帆荷役中


産業共同研究、業界要望に応えた研究スキーム(日本海事協会)
(平成23年10月~平成26年9月)


 来るべき低炭素社会へ向けて、船舶においても推進エネルギーのグリーン化が今後のグローバルな最重要技術開発課題となっている。「ウィンドチャレンジャー計画」は、これまでの常識を超えた巨大な硬翼帆を開発し風力エネルギーを最大限に取り込むことによって、現在全て石油燃料に頼っている大型商船の燃料消費を抜本的かつ大幅に低減させ、船舶からのCO2排出削減と将来の燃料費の高騰に対処するための次世代帆船の開発を企図して、2009年10月より工学系研究科にて東大を中心とした産学共同研究として発足した。

 2年間のフィジビリティ研究の結果、巨大な伸縮可能な硬翼帆(高さ50m、幅20m、面積1,000m²)と、これらを9枚搭載した大型貨物船(ケープサイズバルカー:載荷重量18万トン)での技術的・経済的・法規的な成立性が確認された。船の性能としては横風(風速約12m/s)を受けた場合にはエンジンを使わなくてもほぼ従来の機走船と同等の14ノット航海速力を得ることが出来ること、また、無風状態や帆の使えない向い風状態も含めた実海域航海シミュレーションを行った結果、帆とエンジンのハイブリッド航海で年間平均30%程度(日本/北米西岸航路)の燃料消費低減が可能であること等が判った。

 この結果を受けて、2011年10月より新たな研究段階に入ることとし研究拠点も新領域創成科学研究科に移し、プロトタイプとしての大型伸縮式硬翼帆(1/2縮尺モデル:高さ25m、幅10m)の製作とその陸上屋外実証実験を行い、実船搭載に向けてのデモンストレーション及び最終的な設計資料・データを入手して実用化につなげる研究を行う予定である。

 研究予算は今後3年間で約1.7億円を予定し、そのうちの約半分は日本海事協会の「業界要望に応えた研究スキーム」による資金、残りは民間5社(日本郵船、商船三井、川崎汽船、大島造船所、タダノ)の自己資金で賄う。実証機の完成を2013年夏に予定し、設置後1年間の連続実証試験を行う予定である。また、併せて硬翼帆搭載大型商船の設計法・運航法の研究も引き続き行い、2016年ころに第1船の就航を目指している。最終的には運航法・航路選択の最適化により燃料消費量50%削減を目指したウィンドチャレンジャーによるビジネスモデルの開発を行う。


前の記事へ 次の記事へ

PAGE TOP