#

プロジェクト

Projects

本専攻は、設立当初から日本の海洋の権益と環境を守り、豊かな海洋資源を利用するための準備をしてきました。陸上資源の枯渇、大震災後のエネルギー政策の見直しなどにより、海洋利用はますます重要性を増しています。そうした専攻の教員を中心とした、様々な研究プロジェクトが、国家のミッションとして行われています。本専攻の責務は、このような海洋利用計画でリーダーシップを発揮し、将来にわたって持続させることです。多数の基礎研究、産学連携研究プロジェクトが行われていますが、一部をここに紹介します。

  • 山口 一教授、 早稲田 卓爾教授

  • 山口 一教授、早稲田 卓爾教授、村山 英晶教授、菊地 隆客員教授

  • 村山 英晶教授、山口 一教授、早稲田 卓爾教授、林 昌奎教授、巻 俊宏准教授、和田 良太講師、菊地 隆客員教授

  • 尾崎 雅彦教授、和田 良太講師

  • 早稲田 卓爾教授、 小平 翼助教

  • 平林 紳一郎准教授

プロジェクト参加教員
将来の自律船・無人船の安全運航を担う基盤技術の開発 村山 英晶教授、藤 公博助教
RIO DE UT  海洋に人材を供給しつづける「東大の大河」
水中浮遊式海流発電 高木 健教授
メタンハイドレート開発坑井周辺物質流動解析法の開発・貯留層特性に応じた生産挙動評価 佐藤 徹教授、今野 義浩准教授
北極海の航路利用、その実現の先頭に立つ為に 山口 一教授、 早稲田 卓爾教授
日本の南極観測を支える 山口 一教授、早稲田 卓爾教授、村山 英晶教授、菊地 隆客員教授
ASIAQ: The Arctic Science IntegrAtion Quest 村山 英晶教授、山口 一教授、早稲田 卓爾教授、林 昌奎教授、巻 俊宏准教授、和田 良太講師、菊地 隆客員教授
船舶を用いた沖合CCSの技術開発 尾崎 雅彦教授、和田 良太講師
海域地中貯留したCO2の漏洩抑制の検討 佐藤 徹教授
Wave-Argo-Typhoonの開発と国際的な展開 早稲田 卓爾教授、 小平 翼助教
力学モデルとデータ科学を駆使して超大深度掘削に挑む 尾崎 雅彦教授、 和田 良太講師
実海域での操船影響の定量的評価 早稲田 卓爾教授
浮体式洋上風車の開発 平林 紳一郎准教授

ページの先頭へ