プロジェクト|東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻

  • ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻
  • 受験生の方へ

プロジェクト

帆主機従ハイブリッド船「ウィンドチャレンジャー」の研究開発

大内一之特任研究員(代表)、早稲田卓爾教授
図1 展帆航海中
図1 展帆航海中


図2 縮帆荷役中
図2 縮帆荷役中


来るべき低炭素社会へ向けて、船舶においても推進エネルギーのグリーン化が今後のグローバルな最重要技術開発課題となっています。「ウィンドチャレンジャー計画」は、これまでの常識を超えた巨大な硬翼帆を開発し風力エネルギーを最大限に取り込むことによって、現在全て石油燃料に頼っている大型商船の燃料消費を抜本的かつ大幅に低減させ、船舶からのCO2排出削減と将来の燃料費の高騰に対処するための次世代帆船の開発を企図して、2009 年10 月より東大を中心とした産学共同研究として発足しました。
  2 年間のフィジビリティ研究の結果、巨大な伸縮可能な硬翼帆(高さ50m、幅20m、面積1,000 ㎡)と、これらを9
枚搭載した大型貨物船(ケープサイズバルカー:載荷重量18 万トン)での技術的・経済的・法規的な成立性が確認された。船の性能としては横風(風速約12m/s)を受けた場合にはエンジンを使わなくてもほぼ従来の機走船と同等の14 ノット航海速力を得ることが出来ること、また、無風状態や帆の使えない向い風状態も含めた実海域航海シミュレーションを行った結果、帆とエンジンのハイブリッド航海で年間平均30%程度(日本/北米西岸航路)の燃料消費低減が可能であること等が判りました。
  この結果を受けて、2011年10 月から、プロトタイプとしての大型伸縮式硬翼帆(1/2 縮尺モデル:高さ25m、幅10m)の陸上屋外実証実験を開始し、実船搭載に向けてのデモンストレーション及び最終的な設計資料・データを入手して実用化につなげる研究を行っています。
  研究予算は日本海事協会の「業界要望に応えた研究スキーム」による資金、民間6社(日本郵船、商船三井、川崎汽船、大島造船所、タダノ,東京計器)の自己資金,そして国土交通省補助金などとなります。2012年からは硬翼帆搭載大型商船の設計法・運航法の研究も行い、2017 年ころに一枚帆の第1 船の就航を目指しています。最終的には運航法・航路選択の最適化により燃料消費量50%削減を目指したウィンドチャレンジャーによるビジネスモデルの開発を行います。

 

  

 Introduction of Green Technology to the
ship propulsion is one of the most important technical challenges towards
establishment of the low-carbon society. 
The “Wind Challenger Project” is a Joint Industry Program led by the
University of Tokyo, initiated in October 2009, to develop the next generation
sailing ship.  By introducing an
unprecedented large solid wing sail, the energy consumption of the large cargo
ship will drastically reduce by utilizing the wind power, which otherwise would
rely heavily on the fossil fuel. 
                 Technical,
economical and legal feasibilities were confirmed after two years of initial study,
resulting in a concept design of a cape size bulk career (180000 ton) with nine
telescopic hard sail (50 m height, 20 m width, 1000 square meter).  With 12 m/s wind from the side, the ship can
sail at 14 knots without an engine, comparable speed to a regular engine
propelled ship.  A simulation based assessment
with realistic wind and route discovered that the annual energy saving is about
30 % combining the sail and the engine between Japan and North America. From
2011 October, a demonstration of a proto-type sail has started (1/2 scale
model, 25 m height, 10 m width), and since then, we have been accumulating data
necessary for the design of the working sail. 
                 The
research is funded by Class NK under the Joint R&D for Industry program,
collaborative research fund from 6 private companies (NYK, MOL, K-Line,
Oshima-shipbuilding, Tadano & TokyoKeiki), and a research grant from MLIT.  From 2012, study of design and operation of
the large sailing cargo ship has started aiming for the construction of the
first ship equipped with one sail in 2017. 
Our final goal is to make a business model for the Wind Challenger that
saves 50 % of the energy optimizing the operation and routing.




前の記事へ 次の記事へ

PAGE TOP