#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

2019年度 日本水産工学会学術講演会 学生優秀賞

小型底びき網漁船における操業日誌記録と水質ロガー記録との突合手法について

受賞者:鈴木 翔太

指導教員:多部田 茂 教授

 

2019年5月18日、博士後期課程2年の鈴木 翔太が、日本水産工学会学術講演会において学生優秀賞を受賞しました。
本研究では、沿岸漁業資源の時間的・空間的な分布予測を実施するためのデータ処理として、操業日誌による漁獲量記録と、漁具に着装したロガーによる水質記録をドッキングさせる方法について検討しました。操業日誌に欠損のあるデータであっても、機械学習モデルと最尤推定アルゴリズムを適用することにより、非常に高い確度で両データの正しい組み合わせを推定することに成功しました。

詳しくはこちら詳しくはこちら
   
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ