#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

平成27年度 日本船舶海洋工学会 奨学褒賞

伊豆・小笠原弧の現世熱水活動域における粘土鉱物の分布特性に関する研究

受賞者:志賀 俊成(修士2年)

指導教員:鈴木 英之 教授

 

本論文は,伊豆・小笠原弧明神海丘の現世塊状硫化物濃集体を伴う熱水活動域において,これまで詳細な検討が行われていなかった変質帯の粘土に着目した鉱物学的研究である.熱水活動域の中心部から縁辺部にわたって系統的に採取された柱状堆積物試料について,同定した粘土鉱物の形成環境の解析・解釈から,熱水活動に伴う粘土鉱物の累帯分布を明らかにした.この結果と従来の熱水性鉱物粒子を用いた成果との総合的な解釈から,新たな熱水活動域を推定した.粘土鉱物が有意な熱水活動の探査指標となることを示した本手法は,船上において簡便に実施できることから,探査にさらに実効性をもたらすことを示唆している.



  
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ