#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

平成25年度 ABS賞

格子Boltzmann法によるVIM挙動解析プログラムの開発

受賞者:宮村 明孝

指導教員:平林紳一郎講師、鈴木英之教授

 

海洋における浮体構造物は風、波および海流・潮流を受けて複雑な挙動を示す。流れの中にある浮体構造物には渦起源の周期的な動揺が発生することが知られているが、自由表面の存在下での挙動については未だよく分かっていないことが多い。本研究では、浮体の渦励起運動であるVortex-Induced Motion(VIM)を解析する手法として、格子Boltzmann法による解析手法の開発を行った。全没水円柱形物体に適用したところ、物体の流れ方向後方への造渦、およびこの渦影響によるものと考えられる周期運動が再現された。自由すべり面条件を与えた半没水円柱形浮体の解析により、全没水物体と同様にVIMが観測された。一方で、その振幅などには異なる傾向も見られており、条件の相違によってVIMが大きく異なることが確認された。さらに、固定円柱周りの自由表面形状の解析を行い、自由表面挙動の定性的な傾向を示すことができた。

   
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ