#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

平成27年度 ABS(American Bureau of Shipping)賞

黄鉄鉱による塊状硫化物濃集体の探査手法の高度化に関する研究

受賞者:黒沢 俊哉(修士2年)

指導教員:鈴木 英之 教授

 

海底熱水活動域における銅,亜鉛,金等を含む塊状硫化物濃集体が資源として期待されているが,将来的な開発には活動域に生息する熱水生物の多様性の保全や資源量などの未解決の課題が山積している.本研究では,この課題解決のために活動を停止した塊状硫化物濃集体の発見が重要であるとの観点から,堆積物中に遍在する黄鉄鉱を利用した新たな探査手法の評価を行った.その結果,種々の成因をもつ黄鉄鉱の形態や微量元素の特徴から,塊状硫化物の存在について,微量元素として銅を含んでいる自形黄鉄鉱の存在が重要であることを明らかにした.この自形黄鉄鉱の分布や存在比を把握することによって,熱水活動に伴う塊状硫化物の地点を定量的に推定できることを示唆した.



  
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ