#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

The Aota Masaaki Award 2015 (Physical Oceanography Section) The 30th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice

Parametric study of assimilating sea ice concentration in a coupled ice-ocean model using nudging

受賞者:Dulini Yasara Mudunkotuwa(博士2年)(受賞当時)

指導教員:山口一教授

 

2015年2月18日、博士課程2年のDulini Yasara Mudunkotuwaさんが、2月15日から18日に北海道紋別市で開催された第30回北方圏国際シンポジウム(通称)にて、第2回青田昌秋賞の海洋学部門を受賞しました。彼女の研究は、北極海の海氷・海洋連成数値モデルによる計算に、海氷の観測データを同化させて、予測精度を上げようというものです。海氷のデータ同化はこれまで世界的にも限定的に数例しか行われたことがなく、大変先駆的な研究ですが、数々の工夫をして第1歩を踏み出し、良い成果を生み出した上に近未来の方向性を明確にしたことが、高く評価されました。

    
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ