#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

The Aota Masaaki Award 2015 (Polar Technology Section) The 30th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice

・ Analysis of sea spray characteristics in large vessels - Case study of the icebreaker Shirase

受賞者:志賀俊成(修士2年)(受賞当時)

指導教員:山口一教授

 

2015年2月18日、修士課程2年の 志賀俊成 君が、2月15日から18日に北海道紋別市で開催された第30回北方圏国際シンポジウム(通称)にて、第2回青田昌秋賞の極域工学部門を受賞しました。志賀君は修士1年の時に第55次南極地域観測隊に参加し、船首砕波による海水飛沫の計測(船体着氷研究の基礎データになる)、および、海氷観測に従事しました。この発表は、海水飛沫の計測データを種々解析して、最終的に飛沫量が船体への相対風速の関数になると見出したもので、その発見が高く評価されました。

    
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ