#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

日本船舶海洋工学会 平成26年春季講演会若手優秀講演賞

浮体式洋上風車の浅海係留系の動的挙動特性に関する研究

受賞者:関谷 哲(修士1年)

指導教員:鈴木英之教授、平林紳一郎講師

 

浮体式洋上風車は比較的浅い海域に設置されるため、カテナリー係留などの係留系の動的な応答が比較的顕著になる。本研究では、浅海域に設置されるカテナリー係留系について、強度、疲労の観点から重要になる張力の動的な変動特性に着目して、水槽実験とランプドマス法を用いた解析により特徴を明らかにした。張力の変動振幅は加振周期によって変化し、係留索に沿って観察したとき、最大の張力変動振幅が発生する場所が、係留索の上端付近になったり、海底部のタッチダウン点付近になることがあることを明らかにした。



   
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ