#

学生・若手研究者受賞研究紹介

Students and Young Researchers' Awarded Research

The Aota Masaaki Award 2014 (Polar Technology Section) The 29th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice

A high-resolution hindcast study for the Northern Sea Route

受賞者:De Silva, Liyanarachchi Waruna Arampath(国立極地研究所特任研究員/新領域創成科学研究科客員連携研究員、山口研派遣)(受賞当時)

指導教員:山口一教授

 

2014年2月19日、山口教授の指導のもと2013年9月に工学系研究科博士過程を修了し、引き続いて、文部科学省のGRENE北極気候変動研究プロジェクトにて国立極地研究所特任研究員/新領域創成科学研究科客員連携研究員として山口研で研究を続けているDe Silva, Liyanarachchi Waruna Arampath君が、2月16日から19日に北海道紋別市で開催された第29回北方圏国際シンポジウム(通称)にて、第1回青田昌秋賞の極域工学部門を受賞しました。彼の研究は、北極海の海氷・海洋連成数値モデルを開発し、それにより、高精度の海氷数値予測を行って、北極海を航行する船舶の安全かつ経済的な航行支援を目指すという実用的なものでした。その研究の中で、海洋中規模渦と海氷の相互干渉により、海氷の夏季融解が大きく促進されるという、これまでの気候モデルでは考慮されていなかった現象を明らかにしました。

    
前の記事へ 次の記事へ

学生・若手研究者受賞研究紹介

ページの先頭へ