#

学生受賞研究紹介

Students' Awarded Research

大学院に進学すると、研究成果を学会で発表する機会が増えます。そうした学会では、優秀な学生発表に賞を与えることが有ります。これまでに、多くの修士課程学生、博士課程学生が受賞していますので、ここで最先端の研究成果の一部を紹介します。

研究テーマ氏名指導教員
Methods for quantitative analysis of submerged solids for application to deep-sea LIBS Takahashi, T. (D2) 巻准教授
Simulating observed freak waves in deep water near Japan using WAVEWATCH III and the higher order spectral method Fujimoto, W. (D1) 早稲田卓爾教授
伊豆・小笠原弧の現世熱水活動域における粘土鉱物の分布特性に関する研究 志賀 俊成(修士2年) 鈴木 英之 教授
黄鉄鉱による塊状硫化物濃集体の探査手法の高度化に関する研究 黒沢 俊哉(修士2年) 鈴木 英之 教授
Parametric study of assimilating sea ice concentration in a coupled ice-ocean model using nudging Dulini Yasara Mudunkotuwa(博士2年)(受賞当時) 山口一教授
・ Analysis of sea spray characteristics in large vessels - Case study of the icebreaker Shirase 志賀俊成(修士2年)(受賞当時) 山口一教授
VIM における自由表面及び端部の影響に関する実験的研究 福岡 玄貴 平林紳一郎講師、鈴木英之教授
浮体式洋上風車の浅海係留系の動的挙動特性に関する研究 関谷 哲(修士1年) 鈴木英之教授、平林紳一郎講師
格子Boltzmann法によるVIM挙動解析プログラムの開発 宮村 明孝 平林紳一郎講師、鈴木英之教授
A high-resolution hindcast study for the Northern Sea Route De Silva, Liyanarachchi Waruna Arampath(国立極地研究所特任研究員/新領域創成科学研究科客員連携研究員、山口研派遣)(受賞当時) 山口一教授
Numerical study on a self-melting system of sea ice through eddy formation 永川圭介(工学部システム創成学科4年)(受賞当時) 山口一教授
浮体式洋上風車の風車浮体連成による不安定挙動に関する研究 柴田 創(修士1年) 鈴木英之教授、平林紳一郎講師
シミュレーションによるレーダを用いた水位変動計測法の評価 吉田毅郎(博士2年)、今泉大智 林 昌奎教授
Numerical analysis on the wake instability and vortex street in the geostrophic flow 小平翼 早稲田 卓爾 准教授
海洋政策への提言 小平翼 早稲田 卓爾 准教授
Large area navigation method of multiple AUVs based on mutual measurements 松田匠未 修士2年 浦 環 教授
The coastal model for the Tsugaru Strait coupling tide and Tsugaru warm Current 和田良太
CO2海底下ハイドレート貯留を模擬した砂層中ハイドレート生成の室内実験とその数値シミュレーション 乾 正幸 博士課程 佐藤 徹 教授
海産バイオマスのポテンシャル評価 塩刈 恵 修士課程 多部田 茂 准教授
Investigation of ice-ocean coupled system in the Sea of Okhotsk using a numerical model 藤崎 歩美 博士3年 山口 一 教授

ページの先頭へ