#

プロジェクト

Projects

Development of Advanced Hybrid Ocean Thermal Energy Conversion (OTEC) Technology for Low Carbon Society and Sustainable Energy System: First Experimental OTEC Plant of Malaysia

  • 早稲田 卓爾教授
 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development, SATREPS)のひとつである「マレーシアにおける革新的な海洋温度差発電(OTEC)の開発による低炭素社会のための持続可能なエネルギーシステムの構築」に参加しています。このSATREPSプロジェクトでは、ハイブリッド方式の革新的な海洋温度差発電(H-OTEC)のマレーシアにおける構築を目指しており、実現すればクリーンエネルギー、淡水、そして地域産業の創出機会がもたらされると期待されています。私達のグループは、Universiti Malaysia Terengganuと協力してOTECの構築に必要な海洋情報データを供給します。マレーシアのグループは該当地域の海洋データを収集し、また、領域モデルを駆動し、東大グループではより効率的な大気海洋データの共有のためにデータサーバを立ち上げ、資源量評価や気候値の取得に役立てます。

マレーシアデータサーバの概念図
マレーシアデータサーバの概念図
Webインターフェース
Webインターフェース
可視化されるデータの例
可視化されるデータの例


前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ