#

プロジェクト

Projects

浮体式洋上風車の開発

  • 平林 紳一郎准教授
NEDO
次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究


 わが国領海と排他的経済水域(EEZ)に存在する洋上風力エネルギー資源量は膨大で、沿岸域に限っても、わが国全体の電力需要のかなりの割合を供給できる潜在能力を持っています。一方、日本周辺海域は岸を離れると急速に水深が深くなることから、海底に係留された浮体の上に風車を設置する浮体式洋上風車の開発が必要になります。浮体式洋上風車は風車-浮体-係留系で構成され、風や波、海潮流の中で複雑な連成挙動を示します。浮体式洋上風車開発にはこの連成挙動に基づいたシステム評価が重要です。

 NEDO受託研究「次世代浮体式洋上風力発電システム研究」では、経済性に優れた新たな浮体形式を採用する風力発電システムの研究を進めるとともに、事故リスク評価など安全性に関する検討も行っています。

図1 バージ型浮体式洋上風車のイメージ図
図1 バージ型浮体式洋上風車のイメージ図
図2 浮体式洋上ウィンドファームにおける船舶漂流イメージ図
図2 浮体式洋上ウィンドファームにおける船舶漂流イメージ図


前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ