#

プロジェクト

Projects

海洋鉱物資源広域探査システム開発

  • 浅田昭教授(代表)、巻俊宏准教授
海洋資源利用促進技術開発プログラム(文部科学省)
海洋資源利用促進技術開発プログラム


我が国周辺の海底には、海底熱水鉱床やコバルトリッチクラスト等の海洋鉱物資源が眠っています。この貴重な資源を活用するためには、その正確な賦存量を広範囲にわたり計測する技術が必要です。本プロジェクトでは、これまでに開発されてきた海洋鉱物資源の探査技術を統括し、広域探査システムとしての開発と実用化を図り、民間企業等への技術移転を進めることを目的としています。九州工業大学、早稲田大学、京都大学、高知大学、九州大学、海洋研究開発機構と連携して複数のサブテーマに沿った研究開発を推進するとともに、各テーマの成果や探査技術情報を一極集中管理し、統合的に鉱床探査情報を解析する効果的な解析技術開発を進めます。さらに、各テーマで開発したセンサーそれぞれの機能を活かしながら、統合して観測を行う海洋鉱物資源広域探査手法を確立します(図1)。

本専攻の教員が参画しているサブテーマを紹介します。
1.熱水鉱床域海底地質の音響探査技術の実用化(浅田昭教授):音響による高分解能の海底地形及び音響画像情報の収集に特化した簡易プラットフォームを開発、底質判別技術を高度化(図2)。
2.コバルトリッチクラストの賦存量調査技術の実用化(生産技術研究所 ソーントン・ブレア特任准教授):超音波厚さ計測技術、3次元地形計測技術を組み合わせ賦存量を計測できるコバルトリッチクラストの調査技術の高度化(図3)。巻俊宏准教授との共同指導により学生受け入れ可。
3.レーザー誘起破壊分光法による深海底現場成分分析技術(生産技術研究所 ソーントン・ブレア特任准教授):鉱物に集光する高出力なレーザーでプラズマを起こし、その光を分析することで、含まれる成分をその場で調べる計測システムの研究開発 (図4)。巻俊宏准教授との共同指導により学生受け入れ可。
4.化学計測システムを搭載してマッピングを行う観測プラットフォームに関する研究開発及び実用化(巻俊宏准教授):自律探査プローブと海底ステーションから成る観測プラットフォームの高機能化。「化学計測システムの研究開発(代表:高知大学 岡村慶准教授)」のサブ課題として実施(図5)。


図1 研究開発の全体像
図1 研究開発の全体像
図2 熱水鉱床域海底地質の音響探査技術の実用化
図2 熱水鉱床域海底地質の音響探査技術の実用化
図3 コバルトリッチクラストの調査システムの概念図と拓洋第五海山で計測した3D画像とクラスト層の厚さデータ
図3 コバルトリッチクラストの調査システムの概念図と拓洋第五海山で計測した3D画像とクラスト層の厚さデータ
図5 自律観測プラットフォームによる化学パラメータ統合マッピングシステム
図5 自律観測プラットフォームによる化学パラメータ統合マッピングシステム


前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ