#

プロジェクト

Projects

ガスハイドレートを利用した海底下二酸化炭素貯留

  • 佐藤 徹教授、今野 義浩准教授
電源開発株式会社
CO2ハイドレート貯留に関する解析的研究およびCO2ハイドレート貯留に関する実験的研究



 海底下に貯留したCO2が貯留層と海底面の間に生成するCO2ハイドレートは、自己遮断能力を発揮し、シール層不要の二酸化炭素貯留(Carbon Capture and Storage: CCS)を実現することが期待されます。ハイドレートシステムを利用したこの新しいCCSの概念を産学連携のもと提唱しています。
 模擬堆積物中のCO2ハイドレート生成を観察し、遮断性能を評価するための室内実験を実施しています。さらに、実験データを用いて、遮断性能に影響を及ぼす要因を考慮した数値シミュレーションを実施しています。

Experimental apparatus
Experimental apparatus
Numerical simulations
Numerical simulations


前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ