#

教員・研究室紹介

Faculty

尾崎 雅彦教授おざき まさひこ

尾﨑 雅彦 教授 
海洋産業システム学分野 

電話番号
04-7136-4113

メールアドレス

個人HP

略歴
1978年3月東京大学工学部船舶工学科卒業
1983年3月東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士
1983年4月三菱重工業株式会社入社、技術本部広島研究所
1989年4月三菱重工業株式会社技術本部長崎研究所
2007年4月独立行政法人海洋研究開発機構 地球深部探査センター グループリーダー
2008年9月東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授(現職)

教育活動
大学院:新産業創成論、海洋技術環境学特別講義Ⅰ、海洋開発システム論
工学部:海洋開発工学、領域プロジェクト、動機付けプロジェクト

研究活動
CO2海洋隔離
化石燃料使用により生成されるCO2を大気中に排出せず深海に隔離する構想の、温暖化対策ポートフォリオ上の位置づけを論考しつつ、海洋技術環境学の観点から以下に取り組む。
1)深海へ放流後の海水中CO2濃度上昇を低く抑え生物影響を極小化するための希釈放流システムの提案と技術的可能性評価
2)低温高圧海水中のCO2液滴挙動の実験観察と浮上溶解挙動・生物影響のモデル化
3)CO2海上輸送の技術的可能性とコスト・エネルギーペナルティ評価
4)一か所の海域における大規模海洋隔離の継続実施可能性検討
 
超大深度海底掘削技術
深海科学掘削は宇宙探査と並ぶ人類の知のフロンティアである。人類が到達したことのないマントルから試料を得るには、水深4000m以上の深海底からさらに7000m以上掘進する超大深度掘削技術の確立が必要である。
1)超大深度掘削用ドリルパイプの軸方向強度の高精度評価
2)ハングオフ時の大水深用ライザー挙動の高精度評価
3)強い流れに対する非常に長い水中線状構造の渦励振評価と対策技術
 
 
[文献]
1)尾崎雅彦, CO2海洋隔離の役割, 水素エネルギーシステムVol.34, No.1, 38-44 (2009)
2) 尾崎雅彦,喜田 潤,CO2海洋隔離技術-Moving ship方式の開発-,月刊配管技術Vol.49, No.2, 1-6 (2007)
3)M.Nishio, S.M.Masutani, J.Minamiura, M.Ozaki, Study of Liquid CO2 Droplet Formation under Simulated Mid-depth Ocean Conditions, Energy 30, 2284-2297 (2005)
4) 尾崎雅彦, 高木祐介, 二酸化炭素回収貯留における海上輸送 ~CCSとCO2輸送船~, 日本船舶海洋工学会誌KANRIN, 第19号, 16-19 (2008)
5) 尾崎雅彦,南浦純一,単一海域における年間5000万トン海洋隔離ケーススタディ,海洋理工学会平成19年度春季大会講演論文集, 23-28 (2007)
6) 磯崎芳男, 尾崎雅彦, 科学掘削船「ちきゅう」による深海掘削, 第20回海洋工学シンポジウム, 日本海洋工学会・日本船舶海洋工学会 (2008)
7) 井上朝哉,西垣 亮,攝田浩司,寺田 伸,尾崎雅彦,高潮流を伴う南海トラフでのライザーレス掘削におけるドリルパイプの強度検討,平成19年関西支部秋季講演会,日本船舶海洋工学会 (2007)

その他
日本船舶海洋工学会、海洋調査技術学会、CO2回収貯留に関するIPCC特別報告書執筆者(2003年6月~2005年12月)

将来計画
中長期的に見れば人口増加と経済発展は今後も世界の基調である。これらに伴う食糧・資源・エネルギーの供給力不足や顕在化しつつある気候変動などの重要課題を解決するためには、対策に量と継続が大切で、新しい産業による取組が必須である。産業が人を育て、その人たちがさらに産業を大きくし、力のある産業活動によって課題解決への道が近づくと考える。本研究室では、海洋というフィールドで人類社会に貢献すると信じられるアイデアの技術的成立性構築と産業化の可能性を学の立場からポジティブに追求していく。

教員からのメッセージ
自分を活かしながら社会に貢献する人をめざしてほしいと思います。そのためには、社会の情勢を広く知ることと、取り組むべき課題を見つけることと、必要な専門知識や技術・ノウハウを身につけることが前提ですが、それらを若いうちに習慣づける訓練をしましょう。




ページの先頭へ