#

教員・研究室紹介

Faculty

海中・海底情報システム学分野


GNSS-A海底地殻変動観測に用いられる海底局の投入作業
GNSS-A海底地殻変動観測に用いられる海底局の投入作業

南海トラフのプレート境界固着状態のイメージ図
南海トラフのプレート境界固着状態のイメージ図

UAVによる海中通信試験の様子
UAVによる海中通信試験の様子

衛星測位工学と海中音響工学による海中・海底情報のリアルタイム取得と利用技術の研究開発を行っています。

海中・海底の情報を高速に把握しリアルタイムに利用していくためには、衛星(たとえばGNSS)やUAV(無人航空機)を用いたリモートセンシングと通信技術、海面プラットフォームを経由地とした海中音響通信・測位技術が必要です。本研究室では、これらの技術を応用したGNSS-Aと呼ばれる海底測地観測システム・解析技術の開発、それによる海底地殻変動観測情報のプレート間固着やスロースリップイベントと呼ばれる新しい現象の研究をはじめとする地震防災への応用を研究しています。また、GNSS-Aの海洋学などの隣接分野への応用(GNSS-A海洋学)、UAVの海洋・海底観測プラットフォームへの応用、SLRと呼ばれる光を用いた衛星測距技術の開発、グローバル測地観測データのオープンデータシステムの研究など、新技術の応用や次世代のデータシステムに関する研究開発を進めています。

 



前の記事へ

ページの先頭へ