#

教員・研究室紹介

Faculty

海中プラットフォームシステム学分野


海域試験中のAUV HATTORI(左)および自律ブイBUTTORI(右)
海域試験中のAUV HATTORI(左)および自律ブイBUTTORI(右)

海底を行くAUV Tri-TON
海底を行くAUV Tri-TON

氷海探査用AUV MONACA
氷海探査用AUV MONACA

最先端のロボティクス、データサイエンスにより海中海底プラットフォームの可能性を追求します。
研究室紹介動画(別ウインドウが開きます)】

広大な海中や海底のデータを得る手段として、無人・自律型のプラットフォームが注目されています。本研究室では自律型海中ロボット(AUV)を中心に、遠隔操縦ロボット(ROV)や自律ボート(ASV)、海底ステーションといったプラットフォームの連携により、新たな海中海底プラットフォームシステムを提案します。AUVの経路計画やセンサフュージョンによる確率的状態推定、機械学習といったアルゴリズムに加え、推進機構や音響通信・測位技術、非接触充電技術といったハードウェア技術、そして取得したデータの解析手法にいたるまで、総合的なアプローチを行います。現在進行中のプロジェクトには、複数AUVの同時運用手法、海底ステーションとの連携によるAUVの長期展開手法、低コストAUV(水中ドローン)による高効率な調査手法、海中生物の自動探知・追跡手法、AUVによる海氷・棚氷下の観測手法等があります。




前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ