#

教員・研究室紹介

Faculty

海洋資源エネルギー工学分野


5MWアドバンストスパー型浮体式洋上風車 (福島沖)
5MWアドバンストスパー型浮体式洋上風車 (福島沖)

洋上ウィンドファームにおける船舶漂流イメージ
洋上ウィンドファームにおける船舶漂流イメージ

砂層中の粒子蓄積シミュレーション
砂層中の粒子蓄積シミュレーション

資源エネルギー問題や地球環境問題の解決に向けた新しい海洋利用・海洋システムの構築を行っています。
研究室紹介動画(別ウインドウが開きます)】

本研究室では環境負荷の小さな新しい資源・エネルギーの開発を目指し、洋上風力、海流・潮流、海洋温度差、波、太陽光といった海洋再生可能エネルギーの実用化に向けた研究を世界的な研究競争の中で行っています。また、深海底資源開発や海洋空間を利用した天然ガスの備蓄システムの開発についても研究を行っています。海洋再生可能エネルギーや資源開発の実用化に向けたプロジェクトを企画するとともに、その基盤となる先端要素技術開発を目標として、浮体構造物の波浪中応答や渦励起運動(VIM)、水中線状構造物の渦励振(VIV)、位置保持法、材料特性などプラットフォーム技術開発にも取り組んでいます。
※ 鈴木教授は平成29年3月末を以って工学系に異動になりました。本研究室は平林准教授が継続します。




前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ