#

教員・研究室紹介

Faculty

海洋産業システム学分野


海洋底掘削のためのライザーテンショナー(JAMSTEC提供)
海洋底掘削のためのライザーテンショナー(JAMSTEC提供)

サブシーエンジニアリング (Xodus Group Ltd.(千代田化工建設グループ)提供)
サブシーエンジニアリング (Xodus Group Ltd.(千代田化工建設グループ)提供)

船舶を用いた沖合CCSのコンセプト
船舶を用いた沖合CCSのコンセプト

新しい「海洋産業システム」の社会実装をめざします。

海洋が有するエネルギー・資源や温暖化対策のポテンシャルを実現するには、技術分野の更なる研究開発とともに、規模と継続性を担保する「産業化」の視点が必須である。本研究室では、不確実性の高い海洋環境において複雑化・大規模化する海洋開発をシステムとして捉え、新たな海洋産業システムの創成に求められる要求・目的・機能・挙動を合理的に記述・共有することでイノベーションを加速することを目的としている。特に海洋開発では異分野の技術革新を取り入れながら課題を解決していくことが必須であり、海洋工学を基盤としながら、データサイエンスや新たなセンシングシステムの情報技術革新などと融合させる研究活動に取り組んでいる。具体的なトピックとして、船舶輸送型CCSシステム、大水深掘削システム、海洋工学とデータ駆動型モデルのベイズ的融合、海洋開発システム設計、海洋ロジスティックス設計、ライザー・係留の海中線状構造物のダイナミクス、サブシー工学、気象海象の統計的・確率論的記述などに取り組んでいる。
* CCS: CO2 回収・貯留




前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ