#

教員・研究室紹介

Faculty

海洋産業システム学分野


海洋底掘削のためのライザーテンショナー(JAMSTEC提供)
海洋底掘削のためのライザーテンショナー(JAMSTEC提供)

サブシーエンジニアリング (Xodus Group Ltd.(千代田化工建設グループ)提供)
サブシーエンジニアリング (Xodus Group Ltd.(千代田化工建設グループ)提供)

船舶を用いた沖合CCSのコンセプト
船舶を用いた沖合CCSのコンセプト

新しい「海洋産業システム」の社会実装をめざします。

海洋が有するエネルギー・資源や温暖化対策のポテンシャルを実際に活用するには、技術分野の研究開発とともに、規模と継続性を担保する「産業化」の視点が重要です。そのためには、社会の課題や必要性を見通し、それらを解決するための新規コンセプトの提案、技術・環境・経済など各方向からの成立性検証、社会への実装、産業の競争力強化、人材育成などをスコープに入れる必要があります。本研究室では、船舶を用いた沖合CCSシステムなどの新たな「産業システム」について、上記のような様々な視点から研究に取り組んでいます。またコア技術分野として、浮体応答・係留・海底掘削など海洋開発のシステム設計における共通基盤技術テーマも数多く有しています。最近では、海象を考慮した海上オペレーションやロジスティックスの安全性や効率の検討、サブシーエンジニアリングなど、新たな分野にも進出しています。
* CCS: CO2 回収・貯留




前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ