#

教員・研究室紹介

Faculty

海洋情報基盤学分野


北極航路の乗船調査
北極航路の乗船調査

南極地域観測隊への参加
南極地域観測隊への参加

海氷予測の不確実性を考慮した最適航路探索
海氷予測の不確実性を考慮した最適航路探索

海洋のフロンティア「氷海」。
氷海を知り、守り、そして利用するための総合的研究を行っています。
研究室紹介動画(別ウインドウが開きます)】

世界の海洋の約1割は海氷に覆われます。海氷は気候の変動に敏感に反応し、その変化は地球全体の気候システム、さらには生態系へ大きな影響を及ぼします。また、海氷に覆われる寒冷海域は未知の事柄が多い場所であり、既存の権利が入りこんでいない場所でもあります。しかし、近年の温暖化による海氷域の減少に伴い、海底資源の開発や海上輸送といった経済活動が急速にすすめられるようになってきました。環境に配慮した持続可能な開発を実現するため、さまざまな海洋情報を集約 ・ 整理 ・ 解析し、寒冷海域の開発の道筋を示していくことは急務な課題です。

本研究室では、数値モデルと実地観測・衛星観測により、海氷の数値予測手法の開発と寒冷域の海洋変動システムの解明のための研究を行っています。更にそれらの成果をベースに、海洋情報の総合的管理・提供手法を考案していきます。




前の記事へ 次の記事へ

ページの先頭へ